言語を選択してください。

Vui lòng chọn một ngôn ngữ.

Please select a language.

COLUMNコラム

タムタイ寺  <三 台 寺>

2024.04.03

タム タイ パゴダは後レー王朝 (Hau Le時代)に建てられた塔で、400 年以上の歴史があり、何度も修復されています。

タイソン時代に、寺は完全に損傷しました。 1825 年、ミンマン王はレンガとタイルの材料を使用して新しい寺を建てました。

1901 年、嵐新丑により寺は再び破壊されました。 1907 年に寺が再建されました。

1995 年、ティク トリ ギアック尊者はこの寺を南向きに修復し、ラピスラズリのタイルで覆われた 2 階建ての屋根と、月の側面にある 2 頭の龍の装飾が施されました。

グー ハン ソン景勝地に位置するタム タイ 寺は、毎日多くの観光客や仏教徒が参拝に訪れます。

トゥオン タイ(上)、チュンタイ(中) 、ハー タイ(下)の 3 階建てのタム タイ 寺の建築は他のパゴダとは大きく異なります。
次のようなエリアもあります。
‐ タムクアン門(中国語は川門)は 3 つの扉がある門で、階段を登った後、この門を通って門に入ります
‐ 中庭
‐ 両側に寺の庭にはミンマン王がパゴダを訪れる人々の休憩所になることを意図して建てた場所です

‐ 寺の内部には、阿弥陀如来、勢至菩薩、観音菩薩を祀る本堂があります。

この建築物は、グエン王朝の建物の典型的な特徴を備えた文字 ウオンの形で建てられており、雄大な山々、ハン川とカムレー川を眺めることができます。

場所
ダナン市、グーハンソン地区、ホアハイ区。

 


TOP