言語を選択してください。

Vui lòng chọn một ngôn ngữ.

Please select a language.

COLUMNコラム

【観光地】一柱寺 (延祐寺)

2023.11.21

一柱寺とは、その形状から来る俗称で、この南向かいにある本堂とその脇の祖師堂も含めて、正式名を「延祐寺(Dien Huu(ジエンヒウ)」と言い、一本柱の一柱寺は延祐寺の楼閣にあたり、一柱寺はもともとリエンホアダイ(蓮花臺)と名付けられました。「ホーチミン廟・ホーチミンの家」に隣接する寺です。

 
一柱寺までバス、バイク、車など移動することができます(バス路線番号09A、09ACT、18は18A Le Hong Phongで下車し、寺院まで歩いて行きます)。さらに、Grab、Be、Govieなどのライドヘイリングアプリを使用して、地図上でこの場所を簡単に見つけることもできます。

 
一柱寺は、柱、ロータスタワー、屋根の3つの主要部分で構成されています。池に建つ 1 本の石柱で支えられた一柱寺の構造は、実に印象的で、特徴的です。一柱寺の柱は地上からの高さが4m、直径が1.2mあり、上に3㎡の御堂をのせています。ゆるやかに広がる屋根は、池に立つ蓮の花に見立てて設計されました。一柱寺の外に出て、きれいな花が咲く庭園に置かれたベンチに腰を下ろしましょう。お寺のすぐ裏手には、菩提樹が植えられています。1958 年にインドより寄贈されたものです。



一柱寺の見学時間は毎日午前7時から午後18時まで、訪れる時間は1〜3時間になります。 ベトナム国民である国内観光客の場合、入場料は100%無料で、外国人観光客の場合、入場料は1人あたり25,000ドンとなります。


~Information~

住所:Chua Mot Cot, Đien Ban, quan Ba Dinh, Ha Noi
営業時間:7:00~18:00
所属: 仏教